占いについて

映像視・色彩・声音リーディング。
ご相談者様の声の波動から浮かんでくる映像を眺め、聴診器を当てるようなイメージで状況・気持ち・未来への架け橋などを紐解いていきます。
言葉に言い表せない相談事にも対応します。

WEB予約

RESERVA予約システムから予約する

 

友だち追加

Profile

ririnomi占い2

ririnomi

幼少期に霊感の強いお寺の尼さんに「私と似ている」と尼さんと同じ数珠を頂く。

19歳頃からタロットカードを持ち始め、友人達から依頼され時折占うように。
26歳の時、7年間勤めたカーディーラーを退職。
ミクロネシアのJEEP島へワークボランティアへ。
1ヶ月間、1周5分の無人島でダイバーのお客様のお世話をしながら生活を送る。

毎日水平線に顔を出す朝陽を見つめ、海に浸かりながら大いなる自然の中で自分を見つめる日々。
当時、色々な悩みを抱え「なぜこんなにキレイな海を見ているのに自分は悲しいんだろう?」と、海を見ながら自問自答を繰り返し、時間が経って【人は結局どこに行ったとしても、自分の気持ちひとつで楽しくも悲しくもある】ことに気付く。
そんな中、JEEP島で出会った最高の仲間達にこの上ない愛情を感じ、癒され、触発され、「私も自分にしか出来ないことがしたい」と強く思い帰国。
帰国後、【自分にしか出来ないこと探し】から、ネイル・ボディーペイントを経て独学で絵を描き始める。
同時に当時知り合った霊能者にカードリーディング・絵の能力に関して「類まれ」との言葉をいただき、自身で絵つけした占いカードを作成。

2008年
札幌石の蔵ギャラリーにて初個展開催。

2010年4月
cafeサーハビーにて、自身の占いカードと共に占いイベントを行い、3日間満員御礼の大盛況に終わる。

2010年10月
拠点を札幌に移し、占い師を本業にジュエリーデザインや絵を描きながら、スピリチュアルカウンセリングにも力を入れ現在に至る。

 

Tarot

ririnomiタロット写真

対面での占い・カウンセリングセッションの他、電話でのセッション受け付けております。

詳細はこちら