占いについて

ririnomiの占いはご相談者様のお悩みからタロットを展開し、そこから視える映像やイメージ・色彩を捉え、気持ちや状況などを深く読み取っていきます。
映像は音や心情・言葉になって入ってくることもあり、未来を良い方向へ向かうようわかりやすくお伝えすることが出来ます。

占い師であるririnomiは、中心で1枚の絵を眺めているような状態。

「絶対にこうして下さい」というものより、選択肢を重点に、ご相談者様の心の余白と笑顔をお渡し出来るよう、心を込めてセッションさせて頂いておりますので、1人で抱え込まずご相談下さいませ。

お知らせ&Event

現在イベント出店の予定はありません。
(決定しましたら、随時UPします)

Profile

ririnomi占い2

ririnomi

幼少期から、霊感の強いお寺の尼さんに「私と似ている」と尼さんと同じ数珠を持たされる。

19歳頃からタロットカードを持ち始め、26歳の時、7年間勤めたカーディーラーを退職。ミクロネシアのJEEP島へワークボランティアへ。

1ヶ月間、1周5分の無人島でダイバーのお客様のお世話をしながら生活を送る。

毎日水平線に顔を出す朝陽を見つめ、海に浸かりながら大いなる自然の中で自分を見つめる日々。
当時、色々な悩みを抱え「なぜこんなにキレイな海を見ているのに悲しいんだろう?」と海を見ながら自問自答を繰り返し、時間が経って「人は結局どこに行ったとしても、自分での気持ちひとつで楽しくも悲しくもある」ことに気付く。
そんな中、JEEP島で出会った最高の仲間達にこの上ない愛情を感じ、癒され、触発され、「私も自分にしか出来ないことがしたい!」と強く思い帰国。
帰国後、「自分にしか出来ないこと探し」から、ネイル・ボディーペイントを経て独学で絵を描き始める。
同時に当時知り合った霊能者にカードリーディング・絵の能力に関して「類まれ」と言われ、自身で絵つけした占いカードを作成。
自身の占いカードと共にタロット占いを行うようになる。

2010年10月
拠点を札幌に移し、占い師を本業にジュエリーデザインや絵を描きながら、スピリチュアルカウンセリングにも力を入れ現在に至る。